行政書士畑総合法務事務所

ご相談はお気軽にお問い合わせください

tel0773-20-1002〒620-0867 京都府福知山市字前田1350-1

サービス案内

遺言・相続

 遺言とは、法律的に言うと「人の生前の意思表示に、その人の死後、法律的な効果を与えて実現を図る事を目的とした制度」と、言えるでしょう。
  人は誰でも、やがて亡くなります。 自分の死後、遺産をめぐって肉親同士が、骨肉の争いをしないですむよう、生前から準備をしておくことも大切です。実際に、遺言書があったとしたら争いは避けられたといったケースは多々見受けられます。
遺言の作成・相談や、遺言執行は、行政書士にご相談ください。
  被相続人が亡くなられた場合、相続手続を開始するにあたっては、戸籍の調査、遺産目録の作成、遺産分割協議といった手続が必要です。 また、場合によっては、相続放棄手続をしないと、多大な負債を抱えてしまうこともあります。 相続手続でお悩みでしたら、行政書士にご相談を。

image

遺言書をつくりたい

 遺産相続においては、法的紛争段階にある事案や、税務・登記申請業務に
関するものを除き、遺産分割協議書※や相続人関係説明図等の書類作成を中心に、その前提となる諸々の調査も含め、お引き受けします。

※遺産の調査と相続人の確定後に相続人間で行われた遺産分割協議で取り決めた内容を書面にしたもの。

image

相続手続きをしたい

 通常、遺言には、本人を筆者とする「自筆証書遺言」、公証人を筆者とする「公正証書遺言」、筆者の不特定の「秘密証書遺言」の3種類があります。
行政書士は、これら全ての遺言書作成の支援(「公正証書遺言」では証人等、「秘密証書遺言」ではその作成等を含む)を行います。

image

・遺言書
(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言等)
・遺言執行
・相続人の調査手続

・遺産目録の作成
・遺産分割協議書
・遺留分減殺請

Page Top