行政書士畑総合法務事務所

ご相談はお気軽にお問い合わせください

tel0773-20-1002〒620-0867 京都府福知山市字前田1350-1

行政書士とは

行政書士とは

 行政書士とは、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、弁護士や税理士と同様、法律の専門家であり、国家試験等に合格し、日本行政書士会連合会に登録された者を言います。
行政書士は、行政書士法という法律に定める業務を行う者で、他人の依頼を受け、報酬を得て、@『役所に提出する許認可等の申請書類の作成及び提出手続の代理』、A『権利義務に関する書類の作成とその代理』B『事実証明に関する書類の作成その代理』を行うことを主な業務としています。
  業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として国民から大きく期待されています。
行政書士でない者が、行政書士法に規定する手続きを行うことはもちろん、行政書士を名乗ること及び紛らわしい名称を用いることは法律により禁じられています。
弁護士と比べ敷居が低く、皆さんにとって身近な法律手続きを行ったり、相談に対応できることから「街の法律家」と呼ばれています。

行政書士の使命

行政書士は、法律専門国家資格者の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、国民の生活に密着した法務サービスを提供しており、高い倫理感を持って職務にあたるよう心がけています。
規則により制定されている行政書士の徽章は、秋桜(コスモス)の花弁の中に「行」の文字を配したもので、調和と真心をあらわしています。
行政書士の徽章が意味するように、行政書士は社会の調和を図り、誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じ、国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命としています。

行政書士倫理綱領

行政書士は、国民と行政とのきずなとして、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命とする。

一、行政書士は、使命に徹し、名誉を守り、国民の信頼に応える。二、行政書士は、国民の権利を擁護するとともに義務の履行に寄与する。三、行政書士は、法令会則を守り、業務に精通し、公正誠実に職務を行う。 四、行政書士は、人格を磨き、良識と教養の陶冶を心がける。 五、行政書士は、相互の融和をはかり、信義に反してはならない。

Page Top