行政書士畑総合法務事務所

ご相談はお気軽にお問い合わせください

tel0773-20-1002〒620-0867 京都府福知山市字前田1350-1

サービス案内

刑事告訴

刑事告訴とは

 犯罪被害者の方その他一定の者が、捜査機関である司法警察員(警察官)または、検察官に対して特定の犯罪が行われている事実を申告し、同時にその犯人の処罰を求める意思表示です。
  告訴は、告訴権者本人がするほか、行政書士・弁護士の代理人によってすることも出来ます。行政書士が刑事告訴を担当する場合、実際に捜査機関としての機動力もあり、その地域の事情や情報に通じた所管警察に告訴することが一般的です。
  刑事告訴に関するご相談や、書類作成代理・提出代理・警察への同行までを一括して引き受け、個人ではなかなか果たすことの出来ない刑事告訴を、被害者救済の観点からサポートいたします。

image

被害届と刑事告訴の相違

 被害届は犯罪の事実を単に申告するといった性質のものです。刑事告訴の場合と異なり、「加害者を処罰してもらいたい」という意思表示が入っていませんので、被害届では法律上、捜査機関に捜査義務が生じません。
  尚、犯罪の類型には親告罪(しんこくざい)というものがあり、親告罪は告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪のことを言います。

当事務所では告訴状・告発状の作成を致します

image

 告訴状や告発状の作成は、刑法及び刑事訴訟法並びに関係法令の知識を必要とされます。
  また、告訴の内容がいい加減なものであり、それが受理されることによって、告訴された人は社会的・精神的に大きなダメージを負いますので、それに対応して虚偽告訴罪が定められています。告訴した人が逆に犯罪行為をしたということになりかねません。
  こういったことからも、刑事告訴・刑事告発を行うには十分かつ慎重な検討・事実関係の整理・法的判断を要求されます。

 当事務所では、被害に遭われた方の個人の尊厳や、平穏な生活の回復を親身になってサポートいたします。

 ご相談内容の秘密を守ることは、法律(行政書士法第12条)で厳格に守秘義務が課せられていますので、安心して
ご相談ください。

Page Top